賃室賃貸借契約書

保証会社を利用する際に注意したい不動産会社の対応

螺旋階段があるアパート

保証人に代わり、家賃債務保証を引き受けてくれるのが保証会社です。保証会社を利用することで保証人を頼める人がいなくても、賃貸物件を借りることが可能になり、物件選択の幅は大きく広がります。
保証会社を利用する際に注意したいのが、不動産会社の対応です。ほとんどの不動産会社は保証会社の利用を歓迎しています。一般人である保証人よりも、ビジネスのプロである保証を利用したほうが何かあった時も対処しやすく、家賃滞納などへの対応ノウハウもあるので、保証会社を利用したいと申し出て断られることはまずありません。
注意しなければいけないのは「保証会社利用可」と「保証会社利用必須」のちがいです。前者は保証人でも保証会社でもOKであるのに対し、後者の賃貸物件は必ず保証会社を利用するよう義務付けられています。大抵の場合は利用する保証会社も指定されているので、場合によっては相場より高い利用料を請求される可能性もあります。
さらに、保証会社とは別に連帯保証人を要求する物件も増えています。保証会社は家賃債務保証、保証人は入居者の身元保証といった形で求めるものが異なっており、そういった物件は保証会社を利用しても保証人不要にはなりません。保証人探しの苦労に加えて、保証会社の料金も負担することになるので気をつけましょう。

保証会社の審査では収入と家賃のバランスを見られる

賃貸物件の家賃債務保証を引き受けてくれる保証会社は、保証人になってくれる人が見つからない入居希望者にとって頼もしいサービスです。家賃1カ月分程度の費用で家賃債務保証を引き受けてくれるので、お金さえ払えば賃貸入居の壁となる保証人の問題を解決できます。
保証会社を利用する際には利用資格があるかについて審査が行われます。家賃債務保証はいわばその人の信用を裏書するのと同じことなので、基準を満たす信頼できる人でなければ利用を断られてしまいます。審査項目は年齢や収入、金属年すなど複数の項目がチェックされますが、その中でも一番重要なポイントが収入と家賃のバランスです。
保証会社としては利用者が家賃を滞納する可能性があるかどうかが、一番の関心事です。毎月の収入に対し、家賃が高すぎれば滞納する可能性は高くなり、家賃債務保証を引き受けるのにふさわしくないと判断されます。逆に収入に対し家賃が安いほど、滞納リスクは低くなるので審査に通過しやすくなります。
毎月の収入と家賃のバランスは、家賃が収入の3割前後というのがひとつの基準になります。月収30万円ならおおよそ10万円前後が無理なく払える家賃とされ、それ以上の家賃だと審査落ちする可能性が高くなるので、物件の見直しが必要です。

どう違う?保証会社の3つの種類とそれぞれの特徴

家賃債務保証を実施する保証会社にはいくつかの種類があります。大別すると「信販系」「LICC系」「独立系」の3つがあり、それぞれ異なる特徴を持ちあわせています。
信販系はクレジットーカードなどを運営する信販会社を母体にする保証会社です。キャッシングやローンなど貸付を専門に取り扱っている関係から、審査基準が非常に厳しく設定されています。過去に債務整理をした経験があったり、クレジットカードを滞納した前歴があると、審査に落ちる可能性が高くなります。
LICC系は全国賃貸保証業協会LICC系列の保証会社です。不動産業界の会社によって設立された団体のため、独自のデータベースを審査基準としています。過去に賃貸物件で家賃滞納や住民トラブルなどの前歴があると、審査で大きなマイナス評価となります。
独立系とは信販系、LICC系のどちらにも属さない保証会社です。特定の不動産会社が自社の顧客向けに設立した保証会社などが独立系に当てはまります。独立系の保証会社は審査に用いられる信用データベースを共有していないため、過去のトラブル情報が把握されにくいという特徴があります。過去の経験で信用度が低い人でも、独自の審査基準をパスできれば保証会社を利用できる可能性は高くなります。

トピックス

  • 家賃を滞納すると保証会社との関係はどうなるのか

    家賃債務保証を引き受けてくれる保証会社は、賃貸入居者にとって頼れるサービスです。保証人の代わりに保証会社を利用を利用するケースは増えていますが、家賃を滞納してしまうと事情は一変してしまいます。これまではサービスを提供する側と顧客の関係だ…

    MORE

  • 保証会社の利用による契約のポイント

    賃貸物件を契約する際には保証人が必要です。保証人とは賃貸契約する人が万が一、家賃の支払いが滞った際の賃貸料金を支払う連帯保証人になり、賃貸物件の大家への家賃債務保証として、契約時の必須事項になります。しかしながら、近年、一人暮らしの高齢者や外国…

    MORE

TOP